活版印刷で商品を印刷できるかテストしてみた。

 

活版印刷の機械で「手キン」で初の封筒印刷です。

名刺は以前にも印刷をしてきましたが、今回はこれから実際の商品にしたい封筒印刷してみました。

今から30年ぐらい前は封筒の印刷は、活版印刷が主流だったと思います。
現在はオフセット印刷やオンデマンド印刷で製作することが多いと思います。各印刷にはそれぞれ特徴があるのですが、オフセット印刷の場合は同じものを大量に 印刷することに適しています。オンデマンド印刷は 小ロットで印刷する場合に大変適しています。

現在はカラフルの印刷などが増えてきていますので、活版印刷で封筒などをすることはほとんどなくなってきたと思います。

ですが昔懐かしい雰囲気になんとなく浸りたくて封筒を活版印刷していました。

印刷の方法・形式は名刺をする時と変わらないのですが 、今回の場合は横に長くなっておりますので印刷面積が大きく違ってきます。
ですが実際に印刷してみると、横に長いのでインクの濃さなどが変わるかと思ったのですがその辺りを特に問題なく印刷されました。

今回の印刷をして思ったことは、封筒をセットする時の方式をもう少し考えないといけないと思いました。 名刺の紙とより暑さが薄いのと用紙の面積が広いので、安定的に 印刷の位置を決めるにはどうしたらいいかは次回の大きな課題です。その方法を改善しないと1時間に印刷できる枚数が限られますので商品として販売することは難しいと思います。

ですが実際に印刷された封筒をよく見ると、オフセット印刷とは違いインクがしっかりと印刷されていることがわかります。
まだまだ修行の身ではありますが早く商品化できるように作業を進めていきたいと思っております。

今後この印刷の方式で新たなる展開を考えておりますので、少し進歩することができましたらご連絡いたします。

商品化の道はまだまだ険しい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました