使用期限が近くなっていませんか。

印刷物も鮮度が重要でる。

どローカル経営アドバイザーの神谷です。

名刺入れの中を見て

その名刺はいつ印刷されたものですか。
名刺の印刷をする時は今ある名刺の全部使ってから、役職が新しくなってから印刷しようと思っていませんか。
テレビやラジオを見ていただくと CM が流れてくると思います。 その CM は何年前に制作した CM だと思いますか。テレビで流れてくる CM は3年前と同じ内容が流れているコトは少ないと思います。 ラジオの場合は時々何十年も前の CM がそのまま流れているコトもあります。インターネットなどの広告はもっと新しくもっと斬新に宣伝をしていると思います。

 

新商品が発売された

営業にとってお客様の会社を訪問する時に「新商品が発売されました」「新しい機械を入れましたので」などは訪問理由としてとても良いですよね。何も用事がないのにお客様の会社を訪問するのはお客様との関係が良ければいいのですが、 取り引きをしてから日数が経ってない場合などはお客様の会社を訪問する コトは少し難しいコトではないでしょうか。

訪問営業ツールを考え

そこで普段から訪問営業ツールを考えると良いと思います。
この場合重要なコトは「 会社が売りたいもの」「営業が販売を得意としているもの」なのではなく「 お客様が知りたい情報」「 お客様が便利になる情報」だと思います。ですからやみくもに営業に行くのではなく、準備をしてお客様を訪問する時のツールを準備しておくと良いと思います。
・会社案内
・会社概要
・商品のチラシ
・商品の購入法
現在では Web などを使って宣伝・ PR をしているのでこのような印刷物に力を入れてないかも知ませんが、実際訪問営業をする時に手ぶらで行って「何かご用はありませんか」では時間の大きなロスだと思いますしお客様も何度も来るとあまりいい顔をしないと思います。なので普段から時代に合わせた営業ツールを考える必要があります。10年前に作ったパンフレットに5年前に作った新商品のチラシを配っていてもお客様の反応はあまり良くないのではないでしょうか。

10年前の印刷物を配るの

数年前に制作したの会社案内やパンフレットを配る理由の多くは「在庫があるから」「大量に印刷してしまったから」などの理由から数年経った印刷物を配布しているのではないでしょうか。今すぐ見直して ください。そして営業ツールとして印刷物などをチェックしましょう。

新規のお客様だけではなく

古くからお取り引きがあるお客様には会社案内やパンフレットがお届けしていますか。新規のお客様用に作ったものだから従来のお客様には特別にお届けをしていない。ですがせっかく新しく作ったのだったら従来の大切なお客様にもお届けしましょう。

予算的に会社案内は難しい

厳しい社会情勢の中、 新しく宣伝広告費を補填するのは大変なコトかも知ません。 それでしたら名刺を見直してはどうでしょうか。
一人100枚の名刺でしたら大きな予算が必要ではないと思います。
少し前に作った名刺ではなく、鮮度を保って新しい楽しい名刺を作成しましょう。

ものづくりは楽しむべきです

料理を食べる時もみんなでワイワイ食べるとおいしく思うコトはありませんか。名刺などの印刷物を考える時もニコニコしながら楽しみながら製作しましょう。
まずは仕事以外の新しい 役職も考え、会社や商品・あなたは自分の素敵なキャッチコピーを考えます。
考えが煮詰まってしまったら一度スイッチオフにして散歩にでも行きましょう。その時に頭の片隅に新しい名刺作りのコトは常住させておいてください。

 

今朝が一番新しい朝です。
昨日の朝がどんなに素敵でも戻るコトは出来ません。
明日の朝が楽しくなるようなコトを考え行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました