バナナペーパー取扱い開始しました。

時代に合わせてサステナブルな商品を取り扱い始めました。

SDGsの中で印刷会社における取り組みを少しずつ考えようになりました。
いくつかの取り組みの中で調べていくとバナナペーパーという商品があることを知りました。

バナナペーパーはSDGsの取組み中で多くの項目に対応できる商品であるで、バナナペーパーにつきまして簡単に説明させて頂きます。

バナナペーパー

バナナペーパーは、日本初のフェアトレード認証の紙です。SDGsの17目標すべてにつながっています。日本の越前和紙の工場とアフリカのバナナ農家や村の人々とのコラボで生まれ、人、森、野生動物を守る紙です。商品名は「ワンプラネット・ペーパー®」です。名刺や包装紙、紙ハンガー、紙袋、大学の卒業証書をはじめ幅広い商品に使われています。 現在、世界15ヶ国で展開しています。

そこで早速購入してみました。

実際に触ってみると少しザラザラした感じで、色的には少しクリーム色な感じですがバナナの繊維が少し模様となって見えています。印刷して使用するには全く問題がない用紙として仕上がっています。

 

名刺印刷のした場合の価格は

名刺の印刷内容にもよりますが片面で印刷した場合は、100枚で3000円程度になります。印刷の枚数や発注量によって価格は変わってきますが、 従来の名刺印刷より少し高くなります。
ただし、会社でご利用していただき多くの方が使っていただければ価格はもう少し安くなると思いますので一度お問い合わせください。

バナナマークについて

バナナ用紙を使用して頂けるとバナナマークの印刷をすることが可能になります。
SDGsに対応した名刺を使用していることを PR できると思います。

名刺以外の印刷について

バナナペーパーは名刺以外の印刷にも対応できます。
卒業証書などに使用している実績もあります。
多くの場合は名刺や封筒になるかと思いますが皆様がご使用していただくことにより社会での認知が高まれば、ますます色々な商品に対応できると思いますので、ご興味がある方は一度ご相談をください。

「サステナブル」とは

最近よく目にするサステナブル(Sustainable)とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

サステナブル(Sustainable)は、sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉。「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。現在、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めているのが「サステナブル(Sustainable)」な社会の実現です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました