少し遅いと思っても行動して損はありません。

厳しいのはコロナの拡大だけではなく変化に対応していないのでは。

どローカル経営アドバイザーの神谷です。

印刷業界を取り巻く環境は大変厳しい現状であります。

・チラシの激減
・イベントの減少
・ペーパーレス化
・経費削減
・スマホの進化
ですが、考えて考えて 印刷業界は厳しいから仕方ないと思っていても、現状から脱却する事はできません。なので、「今朝が一番新しい朝」と考えを変えてみたらどうでしょう。

現状がいつまで続くかは誰も予想ができません。また来年の何月にはコロナが収束かしているのか逆に言えば 今年のコロナの状況よりも来年の方がもっと厳しい状況になっているかも誰にもわかりません。

そこで、今日もまた先日購入した XMind を使って自社でできる事を考えてみました。
まずは現状の状態について考えてみました。
・世間一般的にはどうであろうか
・印刷業界ではどうであるのか
・印刷業界と言っても規模はバラバラで当社のような零細企業から大手の企業まで、その状態はバラバラだと思います。
飲食業界・旅館業界などもテレビの情報では大変厳しいという風に言っております。製造業では半導体などの部品がなく生産ができないという状態が続いています。ですが、需要が極端に落ち込んでいたのではない感じです。

全体を考えながら追記、追記をして書いて制作しております。
このソフトを使用すると後から思った事を簡単に追加できるところが大変便利であります。
印刷業界の事につきましては比較的理解をしているつもりでしたが実際にこのソフトを使ってマップを作ってみるとエンドレス的に問題が発生してきました。 小規模規模の会社で考えられるのは特に周りの環境の変化が大きいと思います。一概に景気が悪いだけど現状ではなく店が取り巻く環境も大きく変化をしてきているなと思っています。

スマホの発展により小規模の飲食店でおいても 、

・メニューはタブレットを使用している。
・オーダーはスマホなどを使って注文を受ける。
・支払時もクレジットカード・スマホなどで支払いをする。
・オススメメニューなどのPOPはタブレットで日々更新できる。
・LINE などを使っておオススメのイベントを告知する。
・店頭に置いてある看板も電子化になっている。

飲食店のお客様から印刷物の注文をいただいていた印刷会社は、

・メニューの制作の依頼がなくなる
・オーダー伝票の注文がなくなる
・領収書の注文がなくなる
・お店で使用する POP やチラシなどの依頼がなくなる
・DM を使わずに LINE などの SNS を使って告知をする
・店頭に置いてある看板など依頼がなくなる

実際にこのような変化に対しては気づきている会社さんも多いと思いますが、日々少しずつ変化する事によって、変化して行く状態に慣れてしまってお客様との関係性も薄くなって行きます。
問題はこのような仕事が会社もしく営業マンに与える比率は1店舗の飲食店であれば大変少ない売り上げの値だと思います。ですが10年ぐらい前から徐々に変化をしている現状を考えますと、どこかの段階で新たなる方式を考えていない限り仕事はどんどん減り続けているのではないでしょうか。

全ての業界において思う事ですが、
今朝が一番新しい朝です。
昨日の朝に戻る事はできません。

僕は現状を考えてマップを作って少しでも自社の現状とお客様の今後の事を考えて行動をして行こうと思っております。
ですが考えがまとまる前にマップがどんどんどんどん大きくなってしまい収拾がつかなくなっている現状であります。

ひとつだけ見えた事は
まずは簡単にできる事から手をつけましょう。
そのためには当社がお客様に何ができるかを考えて行きます。
少しだけ悩んで少しだけ迷って、
でもすぐに行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました